第4回 うのピアノ教室発表会の演奏曲目
「第4回 うのピアノ教室ピアノ発表会」
〜みんなのよりみちコンサート♪〜

2014年5月25日(日)13:30〜15:30
@じゅうろくてつめいギャラリー
もちろん入場無料


※全員課題
ギロックの作品



■プログラム■
宇野正志
・ギロック/おばけの足あと


田中カレン/『星のどうぶつたち』より「星のうた 1」
ギロック/えものをさがす子猫


ギロック/陽気なスペイン
鵜崎庚一/かみさまにおねがい
ビビディバビディブー (宇野正志編曲)


ギロック/のろし
ハイホー (宇野正志編曲)


ギロック/夏の雲
小さな世界 (宇野正志編曲)


ギロック/女王様のメヌエット
ショスタコーヴィチ/マーチ


ギロック/フラメンコ
エルメンライヒ/紡ぎ歌


ギロック/東洋の市場
さんぽ (宇野正志編曲)


ギロック/スケートをする子ども達
Let it go [アナと雪の女王] (宇野正志編曲)


ギロック/サマータイムブルース
ベートーヴェン/エリーゼのために


ギロック/ダウンタウンビート
ラフマニノフ/前奏曲op.23-5


ギロック/気楽に行こうよ
ベートーヴェン/ソナタ第17番「テンペスト」第3楽章


【休憩】



ギロック/アルゼンチン
オースティン/人形の夢と目覚め


ギロック/魔法の木
ダカン/かっこう
いつか夢で (宇野正志編曲)


ギロック/ピクシーズ(妖精たち)
いつか王子様が (宇野正志編曲)


ブルグミュラー/アラベスク
ギロック/オリエンタル ウィンド チャイム
平吉毅州/蛙の散歩


ギロック/コンスタント ベース
ブルグミュラー/タランテラ


ギロック/ブギ プレリュード
ショパン/小犬のワルツ


ギロック/月の光
中田喜直/変奏的練習曲より Theme、Var.1,2,4,5,8


宇野正志
・ギロック/ミラージュ(蜃気楼)
・ベートーヴェン/ソナタ第21番「ワルトシュタイン」第1楽章
22:37 | 宇野正志(piano) | ピアノ教室 | comments(0) | trackbacks(0)
うのピアノ教室の発表会
さて、今年もこの季節がやってきました。
うのピアノ教室のピアノ発表会です。

2014年5月25日(日)
@じゅうろくてつめいギャラリー
13時30分〜15時30分(予定)

無料です。
出演者はうのピアノ教室の生徒になるわけですが、
僕の教室の場合は、全員参加ではありません。

「でたい!」

という有志のみです。

やっぱり
「やりたい!」
っていう気持ちが一番の原動力になると思うんですよね。

今年も全員課題を出しました。それは・・・

「ギロック」

です。
【こうやって見てみると・・・】ギロックの作品もいっぱいありますね。
最後に僕も講師演奏でピアノ演奏します。

さて、何を弾こうか・・・悩んでます。

お時間ありましたら、どうぞお越しください。





 
19:56 | 宇野正志(piano) | ピアノ教室 | comments(0) | trackbacks(0)
「2歳の子にはピアノ(トイピアノ)は早いですか?」という質問をいただきました

先日、

「2歳の子にはピアノ(トイピアノ)は早いですか?」

という旨の質問メールをいただきました。

メールを返信しましたが、
PCメールが受信拒否になっており届きませんでしたので、
こちらに返信を書いておこうかと思います。

同じように感じている方も見えると思いますので。




ここで、みなさんに聞きたいのは

「早い」

というのはどういう意味でしょうか?
何に関して「早い」といっているのかがいまいちはっきりしていないような気がします。

多分一般的にいうと、
「ピアノをちゃんと弾かせる/レッスンを受ける」
という意味に取られるかと思います。

ウーーノは思います。

「ピアノ」は「遊ぶ物」です。
「音楽」は「遊ぶ物」です。
「芸術」は「遊ぶこと」です。

いくつになっても「遊ぶ」感覚というのは大切だと思います。

ですから、
2歳の子にとっても、30歳の子にとっても、80歳の子にとっても
「ピアノ」は「遊べば」いいんです。

「練習する」のではなく、「遊ぶ」んです。


さて、「遊び」をするのは2歳の子には早いでしょうか?
そんなことはないですよね。
ウーーノが思うに、
この頃というのは、「遊び」を通して
生きるための「身の危険」
感じさせてあげれればいいのではないかと思います。

例えば、
トイピアノで遊んでて、バターンと倒してしまうと怪我をしてしまうかもしれない
・・・だから気をつけよう、とか。

トイピアノをバンバン叩いてたら、角に手をぶつけて痛かった
・・・だから気をつけよう、とか。


生きるための知恵を、身をもって知らせてあげる。
これが小さい頃には大切だと思います。

だから、小さい頃にはいろいろと遊ばせてあげて
いろんな経験をさせてあげて欲しいと思います。
ちゃんと命を守って。



質問に戻りましょう。
確かに「早い」と感じることもあります。

それは、「身の危険」とは関係のない「社会のルールを覚える」
には早いような気がします。

大きく書きましたが、
例えば、

ピアノはこういう風に弾かなければならない、とか
微分の解き方はこうだ、とか
興味のない人から「今度遊びに行こう」と言われたら
「いつかね」と社交辞令で答える、とか・・・




では、ウーーノはピアノレッスンで何を教えているのか?
遊んでるだけ?

・・・いえいえ、遊びを通して、ルールを徐々に伝えているんです。

ピアノを弾く上で、守った方がいいルールがあります。
それを遊んでいく上で感じていっていただければいいなと思っています。



ルールというのも、立ち位置によって変わってきます。
例えば、日本と外国の法律は違いますね。宗教も違います。

ですから、演奏の目的によってこのルールはちょっとずつ変わっていくものです。



ピアノレッスンというのは、
こういったものを全部ひっくるめて、
ピアノを教える先生が経験したものを伝える場です。

なので、教え方がみんな違うのは当たり前ですね。
でも、みんなが願うものは同じだと思います。



ピアノを習いたいと思ったとき、
みなさんにもいいサポーター(先生)が見つかるといいですね。



ウーーノも
一人でも多くの人に伝えられるように
ピアノで試行錯誤したり、いろんな経験をつんでいこうと思ってます。





うのピアノ教室のご案内は・・・【こちら】




11:11 | 宇野正志(piano) | ピアノ教室 | comments(0) | trackbacks(0)
第3回 うのピアノ教室発表会 終了しました。

今年も発表会おわりました。

楽しい音楽の時間はあっという間です。
全員にだした課題はバルトーク作曲の「ミクロコスモス」でした。

いろんな作品を21曲聴けました。
普通にききなじみの曲ばかりでなく、
知らない曲をいかに面白さを伝えるか、
というのを披露できたらなぁ〜と思って選びました。

普通の和声とは違う音が多いので
苦労したんじゃないかな。

しかも、みんな2〜3ヶ月くらいで全部の曲を練習しましたね。
よ〜やってたと思います!!!



ウーーノは
バルトークのミクロコスモスの最初の曲と最後の曲を演奏しました。
ショパンのバラード第1番と
7月4日のサラマンカホール公演で演奏する
プーランク「即興曲第15番〜エディットピアフを讃えて」
を演奏してみました。




みんな〜美味い演奏をありがとう!



発表会終了後は好例の「ちんぼつ会」・・・ではなく「しんぼく会」を行いました。
参加者は30人を越えて、
親睦を深められたかな〜。

日ごろの鬱憤・・・
子育ての悩み・・・
いろいろと交流が広がるといいですね。


来年も楽しみです。










23:47 | 宇野正志(piano) | ピアノ教室 | comments(0) | trackbacks(0)
第3回 うのピアノ教室発表会の演奏曲目
「第3回 うのピアノ教室ピアノ発表会」
〜みんなのよりみちコンサート♪〜

2013年5月26日(日)13:30〜15:30
@じゅうろくてつめいギャラリー
もちろん入場無料


※全員課題
バルトーク作曲「ミクロコスモス」


■プログラム■
宇野正志
・バルトーク/第1番「ユニゾン」


バルトーク/第12番「反行(鏡)」
カバレフスキー/冗談
聖者の行進


バルトーク/第13番「ポジションチェンジ」
きらきら星
カバレフスキー/かわいいハリネズミ


バルトーク/第40番「南スラヴ風」
橋本晃一/ゆきがどんどんふってくる
むすんでひらいて


ギロック/おばけの足あと
バルトーク/第14番「問いかけと答え」
コルトー/インディアンのおどり


バルトーク/第15番「村人の歌」
いとまきのうた


バルトーク/第7番「付点音符」
かっこう
ギロック/さあ、ワルツを踊ろう


ビビディバビディブー
バルトーク/第69番「三和音の練習」


バルトーク/第17番「反行」
ドレミの歌


バルトーク/第22番「模倣と対位旋律」
つきのひかり(フランス民謡)
ギロック/パリの花売り少女


【休憩】

バルトーク/第66番「メロディの分奏」
メンデルスゾーン/歌の翼にのせて


バルトーク/第112番「民謡による変奏曲」
シューマン/『子供の情景』より 第1番「異国から」 第7番「トロイメライ」


バルトーク/第51番「ウェーブ」
シベリウス/もみの木


バルトーク/第130番「田舎風ブルレスク」
ドビュッシー/アラベスク第1番



バルトーク/第52番「両手に分割されたメロディ」
アマリリス
しもまきやすこ/こねこのおいかけっこ
【連弾】名探偵コナンのメインテーマ(ピアノ:桃香&香代子)


バルトーク/第89番「四声体」
グリーグ/ワルツ
中田喜直/エチュードアレグロ


バルトーク/第54番「半音階」
グルリット/縁日
ギロック/ガラスのくつ


バルトーク/第85番「アルペジオ」
ハチャトゥリアン/ソナチネ第1楽章


バルトーク/第94番「むかしむかし、あるところに」
ジョップリン/エンターティナー


バルトーク/第145番「クロマティック・インベンション」
シューマン/『幻想小曲集』より 第2番「飛翔」
シチェドリン/バッソ・オスティナート


宇野正志
・バルトーク/第153番「ブルガリア・リズムのダンス第6番」
・プーランク/即興曲第15番「エディットピアフを讃えて」
・ショパン/バラード第1番








23:26 | 宇野正志(piano) | ピアノ教室 | comments(0) | trackbacks(0)
クリスマス会しました
 うのピアノ教室はじめてのクリスマス会をしました。
今回は・・・

ジングルベル祭り

でした。

総勢12人中
6人がジングルベルを演奏しました。

いろんなジングルベルが聞けてよかったかな?!

ウーーノもちゃんとジングルベルを演奏しました。

演奏が終わったら
ケーキケーキ。

あ!

とるの忘れてる!



ま、しゃーない。



後半は
「われこそは!」
をつのって
どんどんと
ピアノを演奏してもらいました。



親子連弾なんかもありました。
かわいぃ〜☆


楽しいひとときでした。




会場の場所がわかりにくいかなぁ〜と思って
エレベーターに貼っておきました。

これならわかるべ。
22:08 | 宇野正志(piano) | ピアノ教室 | comments(0) | trackbacks(0)
第0回 うのピアノ教室親睦会やりました。

5月にピアノ教室の発表会をしたときに、
終わってから、反省会&親睦会をしました。
そのとき、大人チームがもりあがりまして、
是非また親睦会をやりたいとのこと。

そこで、2ヶ月に一度、親睦会を開催してみましょう!
となりまして、
第0回が先日ありました。

なぜ0回・・・
お試しといういことで、第1回ではなく、第0回ということにしておきました。

ピアノ発表会に出られた方を中心に、
6名の生徒が集まりました。



かんぱ〜いの図。

夜の開催ということで、
お酒を酌み交わしながらの会となりました。

で、
ただ飲むだけでは面白くないので、
音楽を鑑賞しながらにしましょう!
ということにしました。

テーマは「みんなに紹介したい作品」

ジャンルや、楽器などはなんでもOKということで、みなさんに持ち寄ってもらいました。
便利なもので、CD以外にも、YoutubeでもOK。もしくは、ピアノ生演奏もあり!



お酒を飲んでたけど、ピアノ弾いてくれました!
僕も何曲か演奏しました。

クラシックやら、
ジャズやら、
ボサノバやら、
いろんな音楽が流れました。

なんで、このテーマにしたのか。

それは、
普段の演奏でも必要だと思ったから。
ピアノ演奏するときに大切なことって、
「わたしはこの曲のここが好き!」
ということを、音で伝えることだと思うんですね。

なので、
今回は、別の表現方法
「言葉」
をつかって、その曲のよさをアピールしてもらおうと思ったんです。

自分が「いいな」って思ってることが、
相手に「いいね」って伝わると
うれしいですね。

最終的には、
ピアノ演奏で、ピアノの音で伝わるようになると
「いいな!」


次回の親睦会も楽しみです〜♪

14:15 | 宇野正志(piano) | ピアノ教室 | comments(0) | trackbacks(1)