<< PREV TOP NEXT >>
ピアノパフォーマー辞めます

ピアノパフォーマーを辞めようと思います。

なぜか

何も変わらないと思ったから。

パフォーマンスをするから

パフォーマーと名づけたんじゃない。

でも、

どうせ、

パフォーマンスを期待される。

「伝える」という意味でパフォーマーとつけたのだが、

笑わせることだけを期待される。

「笑い」も「伝えるもの」のひとつだが、

それ以外を拒まれているようだ。

パフォーマンスというのは芸人なのだろうか?

その構図を変えようと思ってきたが、

多分無理です。

あまりこういうことはしたくないのだが、

肩書きに頼ろうと思う。

今年一杯で

ピアノパフォーマーという肩書きからは卒業しようと思います。

ただ、

みんなのなかの

「パフォーマンス」という言葉に対するイメージを

変えていきたいという気持ちは変わらない。

笑わせたり、すごい技を見せるのだけが

パフォーマンスなんじゃない。

喜怒哀楽すべてを伝える。

もしかしたら、

生きること自体がそれなのかもしれない。

キラキラしている人はみ〜んな

パフォーマーです。

それに、アーティストです。

キラキラな人が増えるような活動をしていきたい。

自分がキラキラしていることに

気づいてない人

いっぱいいると思う。

みんなのなかにある

キラキラ。

どんどん引き出していきたいと思う。

そうすると、

世界中が

光で満ちあふれるかな。

まぶしいくらいでもいいよね。



肩書き・・・どうしようかな。

22:56 | 宇野正志(piano) | ウーーノの戯言 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
22:56 | スポンサードリンク | - | - | -
COMMENT
2011/11/10 11:42 PM posted by: kirin
パフォーマンス、パフォーマー
多くの人は、「笑い」を期待するのですか?

私は、人前で演奏をした事は、伴奏くらいだから、よくわからないけれど、私は、ウーーノさんのよりみちコンサートなどのパフォーマンスに、「笑い」を期待して行った事は一度もありません。

肩書きを変えられても、ウーーノさんの芯は同じでいてください。

「言葉」は、意味の取り方の誤差から、様々なすれ違いを起こしてしまいます。
悲しいですけど。
2011/11/10 11:52 PM posted by: ウーーノ
kirinさん>>>
ありがとうございます。
ただ肩書きが変わるだけで、ウーーノはな〜んにもかわりませんのでご安心を!

ただわかったことは、字面を真に受ける方が多いということです。そうすると、覆すのにほんと、時間と体力がいるんです。なので、その対策みたいなものです。目には目を・・・的な
name:
email:
url:
comments:
TRACKBACK
http://unozone.jugem.jp/trackback/915